肌悩みで選ぶ

ニキビ肌の悩み・原因と対策

投稿日:

ニキビ肌の悩み・原因と対策
顔の目立つ箇所にニキビができると、憂鬱な気持ちになりますね。ニキビを病気だと認識している人は少ないかもしれませんが、ニキビは毛穴に皮脂が詰まって菌が繁殖するために起こる皮膚病のひとつです。

ニキビが繰り返しできるニキビ肌の症状に悩んでいる人は、ニキビの原因としっかり向き合って正しくケアすることが大切です。

ニキビができる原因

ニキビができる理由はさまざまで、原因は複雑に絡み合っているので簡単には特定できません。薬をつけていったん収まってもまたすぐ発生してしまう、といったことのないように、ニキビの根本的な原因を見直し、ニキビを予防する生活習慣やスキンケアを意識しましょう。

原因1.糖分や油脂分の摂りすぎ

チョコレートやケーキを食べたあとにニキビができやすいといった話をよく聞きますが、これは糖分や油脂分がニキビの原因となるためです。

糖分が体内に入ると、皮脂の分泌を促進する「遊離脂肪酸」という物質に分解されます。また、動物性脂肪は皮脂の材料となる「トリグリセニド」という物質に分解され、毛穴に皮脂が詰まりやすくなります。皮脂が詰まるとその皮脂を餌にアクネ菌が繁殖し、ニキビができてしまいます。

ビタミンやミネラルの多い野菜や海藻・豆類なども積極的に摂り、バランスのよい食事を心掛けることで、ニキビ肌の改善が期待できます。

原因2.睡眠不足

睡眠不足になると、肌の免疫力が低下してニキビができやすくなります。最低でも6時間は睡眠時間をキープできるよう、生活スタイルを見直しましょう。

睡眠時間を6時間とっていても、毎日決まった時間に寝ていないという人は、体内時計が乱れて肌を修復する成長ホルモンの分泌に悪影響を及ぼします。なるべく同じ時間に寝起きするようにして、生活のリズムを整えましょう。

原因3.ストレス

日常生活で感じるストレスも、ニキビの原因になります。 ストレスを感じると、アドレナリンとノルアドレナリン、ステロイドホルモンが分泌されて免疫力が低下し、ちょっとしたことが原因でニキビができやすくなるのです。

原因4.ホルモン

年齢やストレスなどによるホルモンバランスの乱れも、ニキビ肌につながります。ストレスにより発生する男性ホルモンや、生理前に分泌されるプロゲステロンと呼ばれるホルモンなどは、ニキビができる原因に。

女性は思春期と30代後半にホルモンバランスが変化し、ニキビができやすくなります。

原因5.間違ったスキンケア

ニキビケアで大切なのは、洗顔と保湿です。

化粧品や余分な皮脂を顔に残したままにすると、アクネ菌が過剰に繁殖して炎症を起こしてしまいます。 毛穴の中までしっかりケアできる洗顔料を選びましょう。

また、皮脂が多くてベタつくからと、保湿ケアをせず化粧水だけで済ませる人がいますが、そうするとますますニキビが悪化してしまいます。 皮脂がなくなり肌が乾燥するとバリア機能が低下し、ニキビやニキビ跡が治りにくくなります。

ニキビ肌の人は、保湿もしっかりできるスキンケア製品を選んで肌をやわらかく保ち、バリア機能を回復させることが大切です。 アクネ菌は油を栄養として繁殖するため、オイルやクリームなどの化粧品はなるべく避け、油分の少ない基礎化粧品を使いましょう。

ニキビ跡やクレーターができる原因

肌のターンオーバーとニキビ

皮膚はいくつもの層で構成されており、一番表面にある角質層と、その下にある顆粒層・有棘層・基底層の4層からなる表皮は、ターンオーバーにより生まれ変わることができます。

その下にあるのが、皮膚の弾力のもととなるコラーゲンやエラスチンといった細胞で構成されている真皮。この真皮はターンオーバーによって生まれ変わることがないので、ここまで到達するような深い傷やシミなどは、綺麗に治して消すことが難しくなります。

ニキビ自体が治っても残ってしまう肌のクレーターや赤みは、ここまで到達するほど大きく成長したニキビが原因です。

ニキビ跡が残ってしまった場合は、ダメージが深くても諦めずに、スキンケアに加えて食事や運動、睡眠などに気をつけ、ターンオーバーが正常に行われるようケアしましょう。ターンオーバーを繰り返すうちに、少しずつ改善される場合があります。

大人ニキビは跡が残りやすいので注意

特に大人ニキビ(吹き出物)は顎ニキビとしてアゴのまわりにできやすく、治りにくく跡が残りやすいので肌荒れ予防に気を付けましょう。

また、ニキビやニキビ跡ができているときに紫外線を多く浴びると、メラニン色素が沈着して、色素沈着による茶色っぽいシミになることがあります。 ニキビを触ると内出血が起こり、紫色のニキビ跡になる場合も。ニキビが雑菌に触れるとさらに悪化するので、気になってもできるだけ触らないようにしましょう。

オールインワンゲルでニキビ肌を改善

ニキビができている間は、なるべくニキビに雑菌が触れないようにし、ニキビを刺激しないことが何よりも大切です。 肌に触れる回数を減らしつつ、油分の多いオイルやクリームを使わずにやさしく保湿ケアできるオールインワンゲルは、ニキビ肌の人におすすめのスキンケア製品です。

ビタミンCには皮脂を抑える働きがあるため、ビタミンC誘導体が含まれたものを選ぶと良いでしょう。ニキビによる赤みの改善や、ニキビ予防にも効果が期待できます。

ニキビ肌におすすめのオールインワンゲル


No.1

メディプラスゲル

満足度97%!600万本突破の大人気ゲル

【無香料・合成着色料・合成乳化剤・防腐剤・界面活性剤フリー】

  • 1本4役!簡単ケアだから毎日続けられる
  • 高濃度セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなど保湿成分がたっぷり
  • 美容成分の浸透を促す玉造温泉水を使用
  • 30日間返品OKだから気軽に試せる
  • 利便性の高いポンプ式。衛生的で使いやすい
価 格 2,996円(税込)
送 料 無料
内容量 180g/2ヶ月分
オススメ ★★★★★

 


No.2

フィトリフト

フィトリフト

乾燥肌、毛穴の開き、年齢肌、目元、口元でお悩みの方にオススメのオールインワンゲル

【ハリ肌コスメの決定版!】

  • 美容成分を99.7%も配合
  • 肌にやさしい無添加処方
  • 年齢肌の悩みに効果的にアプローチ
  • 利用満足度99.1%
価 格 4,968円→1,980円 (税込)
送 料 無料
内容量 50g/30日間(目安)
オススメ ★★★★☆

 


No.3

ドクターシーラボ
アクアコラーゲンゲル

シーラボ

ひとつで8つの役割!究極のオールインワンゲル

【グイッとあげてピタッとキープ!ゆるんだ肌を引っ張り上げるリフト保湿ゲル】

  • 発売以来700万個の実績
  • ゆるみ肌にお悩みの方にピッタリ
  • 皮膚科の専門家が5つの要素に着目して開発
  • フローラルのやさしい香りでリラックス効果あり
価 格 4,515円(税込)
送 料 無料
内容量 50g/約1ヶ月分
オススメ ★★★☆☆

おすすめ記事

1

口コミで人気のオールインワンゲルおすすめ18選!高保湿でべたつかないゲルの選び方 時短アイテムとして人気の高いオールインワンゲルですが、あなたは何を基準に選びますか?たくさんの種類があるのでどれを選ん ...

-肌悩みで選ぶ

Copyright© オールインワンゲル百科 , 2017 All Rights Reserved.